出産内祝いの意味をはじめ、贈る時期や便利なサービスについて紹介

HOME>オススメ情報>贈り物をする際に基本的に知っておきたいこと

どんな意味があるのか

赤ちゃん

出産内祝いとは、現代では、出産祝いをいただいた相手に対して贈り物をするということであり、お返しとして行われる場合が多いと言えるでしょう。しかし本来は、出産の喜びを分かち合うために、身内やご近所に贈り物をするという意味の行為ですし、お返しという意味のものではありませんでした。ですので、贈る際のお礼状にも「お返し」といった意味の言葉は使わないようにするのがマナーだと言えるでしょう。出産内祝いを贈る相手は、親族や友人、そして知人といった出産祝いをいただいた方ですが、両親からいただいた場合は贈らないケースも多いと言われています。そして、親族に対しても贈らないという習慣があるケースもあり得るため、事前に両親に相談しておくとよいでしょう。

贈る時期と金額の目安

内祝い

出産内祝いを贈る時期は、地域によって異なる場合がありますが、お宮参りが終わった生後1カ月あたりが一般的だと言われています。そして贈る時期が遅くなってしまった場合でも、生後2カ月あたりまでには贈るのがマナーだと言えるでしょう。出産内祝いの金額は、いただいた出産祝いの半額程度というのが目安だとされていますが、高額なお祝いをいただいた場合は、その半額ではなく3分の1程度に抑えた方がよいと言われています。

カタログギフトも便利

ベビー用品

出産内祝いの品物は、ギフトショップに行ったり、ネット通販を利用したりするなどして自分で選ぶのが一般的だと言えるでしょう。しかし、相手の好みが分からないので何を選んだらいいのか悩んでしまう場合は、カタログギフトが便利です。カタログギフトというのは、贈られる相手が、カタログの中から好きな品物を選ぶことが出来るというサービスになります。ですので、贈る側は品物選びで悩む必要がありませんし、贈られる側も自由に選ぶことが出来ため、お互いにとって嬉しいサービスだと言えるでしょう。

広告募集中